2018.10.17

鍼つばき外観

皆さんこんにちは! 鍼つばきの岩崎園子です。 ついこの間まで、暑い暑いと言っていましたが、すっかり秋めいてきましたね。 鍼つばきは、八王子の北口から桑並木通りを真っすぐ進みます。 桑並木と名前がついていますが、実はマロニエが植わっています。 鍼つばきの目の前にも、うっそうとマロニエの葉が生い茂り、 夕方5時を過ぎるとムクドリ達(鳥に詳しい患者さんが鳴き声でわかると言っていました!) が一斉に帰宅し、鳴き声がうるさい位だったのですが、 先日行政により、その幹が切られました! 冬になると落葉して大変だからなのでしょう。 うちとしては、葉っぱに隠れていた鍼つばきが目立つようになり、ありがたいのですが・・・ あんなに沢山いたムクドリ達は、どこに行ってしまったでしょう? ちょっとかわいそうな気もしますね。 そしてムクドリといえば、8月の終わりに実家の庭にヒヨドリ?の赤ちゃんが 巣から落下して羽ばたいていたのを、父が一時保護しました! そのお話は長くなるので、またの機会に書きますね。   向かいのいきなりステーキの前、並んでいる方から見ると、今はこんな感じです。 季節の変わり目は体調も崩しがち。 皆さんも体調にはご注意くださいね。 日々のメンテナンスに、脈診治療がおススメです。 軽いうちにお越しいただければ、良くなるのも早いですが、 重症になってくると、それだけ治療にも回数と時間を要します。 是非お気軽に遊びにいらして下さいね♪   快癒をあきらめない鍼灸院 鍼つばき いわさきそのこ