2019.03.09

春が近づき、こんな症状って出ていませんか?

みなさまこんにちは、シバザキです 寒い日もあれば、 日中は暖かくなり、 外を歩いていると 春のにおいを感じる季節になりましたね この季節の変わり目、 体調が整わなくて来院される方が増えています いつも載せている、 ぎっくり腰、寝違いはもちろんですが、 他にはこの時期、 偏頭痛、目の疲れ・かすみ、目まい、イライラ、 筋肉がつる、 心がソワソワする、 胸や脇の張ったような痛み、 などが多くなります なぜ、こういった症状の方が増える時期なのでしょうか?? 冬から春への季節の変わり目と、 人間のからだがどの様に関わっているのでしょうか?? 「東洋医学」の目線でかる~く見ていきたいとおもいます 冬は、当然寒い時期です、 熊が冬眠をしてエネルギーを溜め込む時期ですよね? イメージは、「じーっとして動かない」って感じでしょうか。 そして、 春は、気候も徐々に暖かくなり、 冬眠から目覚めて イメージは、「ようやく動き出す」って感じです 人間のからだの内側で起こっている状況も、 同じなんですよね。 ずっと動いていなかったモノが 動き出すときってトラブル起きそうなイメージありませんか? 車だって、何年も放置するとエンジンが うまく回りださないイメージってなんとなくつきますよね? 人間も同じなんですよね 東洋医学って、 このイメージがとーっても大切なんです 人間が自然とどう調和されて生きていけばいいのかって いうのをベースに考えられているのが、 自然哲学=東洋医学 です 春になると、 この東洋医学では、 「肝」という経絡に異常がでると言われています (なぜ、肝の経絡なのかは割愛しますね) この時期は、 動かなかったモノが動き出すから いつもと比べ体調が思わしくない、 心がなんだか落ち着かない こういった事が起きる季節なんだと、 ほんの少しの 豆知識が事前にあると、 自分のからだの状態や感情って 受け入れやすいですよね 慌てなくてすみますよね そして 鍼つばきでは、 脈診という技術をつかって、 「肝」というのが どの様な状態になっているのかを 何度も脈を診て調整しています その肝の経絡といわれる川の流れは、 足から始まり、生殖器や腹部をとおり、 脇、胸を上がって、 目の周囲、頭にたどり着きます そのため、 頭痛でお見えになったとしても、 すぐに頭に鍼はしないで、 「肝」の源泉である、 足や膝などに鍼をして流れを良くしているんです 「いつもに比べ体の様子がおかしい、、」 「なんか嫌な予感がする、、」 「最近イライラする」 少しでも感じたら、 早めの治療を受けてみてくださいね その晩は、 ぐっすり眠れるはずです また長文になってしまいました 文を書くって難しいなぁ --- 鍼つばきは、 脈診という技術で 病の根本を治していきます どうか一人で悩まずに、 ご相談だけでも結構です お電話くださいね 全身の脈診治療をメインに、 今話題の美容鍼を提供しております 丁寧に問診、 丁寧に治療を心がけ、 毎日診療しております。 柴崎 賀一